スポンサーリンク

お部屋を1つに決める

不動産
「※アフィリエイト広告を利用しています」

お部屋は3件くらいに絞れましたか??

ここからが本番です

引っ越しできる状態ですか?

まず、引っ越しできる状態であるか冷静に考えてみよう💡

お部屋の状態にはいくつかあります。

①退去されて住める状態(即入居)

②退去されてるが住めない状態(〇月〇日より入居可)

③退去予定(〇月〇日退去予定)

①~③の状態と貸主さんや管理会社の契約手順によりますが

お部屋を申し込んだ月の末日か翌1日からの

家賃発生というケースが多いです💦

お仕事をしながらの契約や

契約金の準備は大丈夫でしょうか?

引っ越しのタイミングは大丈夫でしょうか?

契約金はクレジットカード払いが出来るところも多いですし

インターネットは無料のところも増えてきてますが・・・

色々、考えることが多いですね

物件の決定の前に

契約に進もうと決断されたら

借りたいと思う物件の見積もりを出してもらって下さい!!!

各不動産会社独自のオプションが紛れ込んでいるので

不要なものは外してOKです!

最初の月の家賃サービス(フリーレント)や礼金減額

家賃の減額など交渉を試みましょう♪

入居はもう少し先を想定していたと答えれば

フリーレントをしてくれるかもしれません💡

初期費用が30万の見積もりが出てきたら

出せて25万なんですと答えると

礼金を減額してもらえるかもしれません💡

家賃は予算オーバーだけどどうしても借りたい

1000円でも2000円でも家賃下がりませんか?と

相談すると・・・

家賃が下がるかもしれません💡

あまりにも安くして欲しいというと

滞納のリスクなどを考えるので

お断りされるかもしれません💦

ほどほどの交渉をしてみてね(^_-)-☆

物件の決定

物件を決定する時は、他の人にお部屋を取られてしまったら・・・

を想像してみよう💡

取られても大丈夫なら借りたい物件ではなく

取られたら嫌だと思う物件に決めましょう!

100%理想の賃貸物件は存在しないので

デメリットとメリットを書き出して

メリットが多い物件を選ぼう!

一度、お申し込みをしたら

キャンセルが難しいと言われるので

契約までの流れが明確にイメージできたら

GOです🚘

タイトルとURLをコピーしました